伊勢市 伊勢屋精肉店 −慎ちゃん日記−

三重県といえば「松阪牛」ですが、ブランドだけにこだわらず、安全でおいしい国産黒毛和牛を販売しております。
お肉のお話しや趣味(猟・空手・小物釣り)や、伊勢市小俣町商工会青年部での出来事、
伊勢市の情報を書いていきたいと思います。
よろしくお願いします。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
伊勢神宮式年遷宮御木曳き 上がり参宮
8月5日(日)は、小俣町奉曵団の上がり参宮でした。
上がり参宮とは、無事に御木曳き行事を終える事が出来た事を
神宮さんに、お礼のお参りをするという行事です。
小俣連は、興玉神社と外宮さんにお参りをさせていただきました。

これで、御木曳き行事は20年先までありません。
6年後に今度は、白石曳きがあります。
今、小俣連の梃子方は全部で8人いますが、
20年先の行事を考えると、次の白石曳きで20歳前後の
若者を、3人ほどは入れないと伝統を受け継がせると
言う意味では、なかなか難しいだろうと考えています。
今回、私たちが勉強させていただいた、昔ながらの奉曵という物に
次の奉献を加えて、ひとつの御遷宮を完全な形で後世に
つなげていきたいと思っています。

一番の課題は、この気持ち(想い)を梃子方の部員の中で
どれほどの部員が20年間心に持っていられるか、だと思います。
梃子方とは、それほど大変で技術のいる役割だとTさん、Mさん
から教えられました。
良い意味で、バカになり貢献しましょう。
伊勢神宮 お木曳き 宮川町奉曵団 陸曳き最終日
第六十二回伊勢神宮式年遷宮も本日、6月3日が最終日となりました。
我が小俣町も昨年の1年次から今年の2年次まで2年間に渡り
多くの方々に支えられて、初めてのお木曳き行事に参加させていただく
ことができました。
特に宮川町様には、大変なご協力をいただきました事を心より
感謝いたします。(特にTさんとMさん)
今年は宮川町さんの帰り車はとても楽しくて、華麗な電飾はとても
素敵でした。
帰り車の楽しさも教えていただきました。
エンヤ曳きの見本も見せていただきました。

そして、最終日の最終番車は出雲町さんの、3本縦積み!
良いものを見させていただきました。
次の奉曵は20年後になりますが、今回出会えた沢山の人達との
御縁を大切にして、後世へ伝えていきたいと思います。
伊勢神宮 外宮領 小俣連が終わって。


第六十二回神宮式年遷宮 お木曳き2年次も残すところ2週間
となりました。(陸曳き)
我が小俣町奉曵団は5月20日の5番車、10時にどんでん場で
水切りを終えて13時に出発。
16時10分に待ちに待った曳き込み(エンヤ曳き)スタート。
北御門までスムーズに御用材を、収めることができました。
最初から最後まで、怪我人もなく無事に、この神事を終える事が
できました。

小俣町は、お木曳き行事に参加するのは今回が初めての事でした。
その上、私の様な若輩者に梃子・奉材部の部長という大役を
今回の、このメンバーの中でさせていただけたことを大変光栄に
思っています。
梃子・奉材部の18人のメンバーと、木遣り部をはじめ皆の協力が
あって、あの大きな奉曵車でのエンヤ曳きを成功させることが
できたと思いますし、最後の収めも綺麗に収める事が出来たと思います。

皆には、頼りない部長ですまなかったと思っていますので、
20年後は平部員でお願いしようと思っています。
よろしく!!





伊勢神宮 お木曳き車の調整 
5月13日(日)
小俣連の本番を20日に控えて、奉曵車の「ワン」の調整が急に入った。
一日神領民の2番車に入る予定だったが、梃子方5人に任して
8時から倉庫に入り、奉曵車をユニックに積み込み大仏山の周りで
夕方まで曳きまわした。
おかげで背中が痛い・・・

小俣の奉曵車は左に寄ってしまう癖があるので、外宮に向かう
道中は気をつけなくてはならない。
車軸とタイヤで2トンもある車なので、とても扱うのに気をつかう。
伊勢神宮 お木曳き 明野連が終わった・・・
5月6日(日)朝6時30分ごろ宮川の貯木場に到着した。
が・・・、大雨だ。ザザ降り。
「梃子方は合羽を着るな!」との、師匠からのお達しがあり
朝からずぶ濡れ・・・。

御神木は7メートル近くあるその日一番の大きな物で
下の木も5メートルあった。
した2本、上1本の三本積みで、奉曵車も大きいのでとても
立派な車のバランスでした。
上の1本はロープで積み上げる手積みなので、雨で滑るので
とても上げるのに苦労しました。
宮川から外宮まで、雨の中震えながら皆頑張ってくれました。
「この雨は、お清めやぞ!」と言いながら、エンヤーエンヤーと
外宮に着き貯木池へ無事に、綺麗に御神木を収める事が出来ました。
御神木を池へ収める時の、水柱が雨の中とても綺麗でした。

次は、5月20日(日)の小俣連。
晴れてほしいです!
そしてエンヤ曳きで御神木を、収めたいです。

お木曳き 伊勢 明野連
伊勢神宮の、第62回おき曳き2年次
明野連の本番が5月6日(日)に迫ってきた。
明野連の方たちは、事前準備に余念がない、
皆、一生懸命頑張っている姿を見ていると
小俣連も負けずに頑張らなければと思います。

外宮の北御門手前、約100メートルからイッキに引き込む
エンヤ曳きに初めて挑戦します。
小俣連の部長の私も、今から緊張しています。
明野を全力で成功させて、小俣連の5月20日に
繋げていきたいと思っています。


お木曳き 明野連 お披露目曳き
4月1日(日)は、明野連のお披露目曳きでした。
良い天気に恵まれて、梃子方はあさの7時から18時まで
フル回転で頑張ってくれました。
今度は4月22日(日)は、小俣連の試し曳きです。
13時に、ユニチカ前をスタートします。
伊勢市 お木曳き 試し曳き


3月18日(日)に伊勢市の宮川町で、町内試し曳きが行われました。
町内の方をはじめ、小俣町奉曵団も参加させていただきました。
うす曇で少し寒かったが、寒さを忘れるほど楽しみました。

4月1日(日)は、小俣町奉曵・団明野連のお披露目曳きが明野自衛隊の協力で、
自衛隊の国旗の前で材木を積み木遣り歌の披露が行われます。

午後の1時ごろからスタートします。
なかなかの見応えがあるお披露目になると思いますので
沢山の人に来てほしいと思っています。

伊勢市神宮 お木曳き
みなさん今晩は。
今年は伊勢神宮のおき曳き第2次年度です。
20年に1回、伊勢神宮の御神殿を建て直す
大切な行事に私も、小俣町奉曵団の一人として
参加させていただいています。
3月11日(日)に梃子方15人ほどが集まり
荷締めの練習を行いました。
材木を3本用意して、トラックの荷台で3本積み
の荷締めの確認と、作業の流れのチェックをしました。

下2本、上1本、それぞれに締め方の決まりがあり
大変でした。

5月の本番には、伊勢市内がお木曳き一色になります。
伊勢市内の奉曵団がお木曳き車に御神木を積み
宮川から外宮まで「エンヤーエンヤー」の掛け声と
「ワン鳴り」を響かせて、御神木を収めます。
エンヤ曳き
伊勢神宮第2年次お木曳きの本番
     明野連:5月6日(日)
     小俣連:5月20日(日)
私は、小俣連の梃子方で参加します
昨日は進行会議があり、エンヤ曳きをやる方向で
調整をしていく確認をとりました。
小俣町は、今回のお木曳きからの初参加となります
昨年度は大変上手く行きましたが、本当に大変なのは
今年であると自覚しています。
今から緊張している私です。(笑)